読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そもそもという女はモテない

女子力の低いアラサーですが、出会い系サイトで出会った彼氏と結婚しました。

自分の土俵で相撲を取ることの大切さ

昨日今日と会社の同僚と旅行に行って来ました。色々した結果とっても身体の節々が痛い…

 

さて、旅行は車で移動だったのですが、車内で話題に挙がったネタのひとつに、自分の中の鉄板デートは何か?というものがあった。

 

これは、男性に聞くのは、どんなデートをしているのか?ということを通して、この人は何が好きなのか、どんな考え方でデートを組み立てるのかという価値観を探るために聞きます。

 

例えば、相手によるという人もいれば、とりあえずこういう感じというものが出る人もいる。

 

私は基本的にデートコース?は相手に任せるのもいいと思うけど、最終的には自分の必勝パターンみたいなものに持ち込んだもん勝ちだと思ってる。

 

例えば、動いてるとこが魅力的(高く評価される)のであれば、外の予定を入れるとか。この服、格好が似合うから、どこどこへ行く、とか。

それでいくと、3回目のデートの話に関連するけど、3回目は結構大事なのかも。

過去の1、2回のデートで相手の好みと自分の必勝パターンを考慮して、3回目のデートはダメ押しとして使う。相手にやっぱり自分の選択は間違えてない、この子はいい!と思われた方がいいと思うので。

 

今回すごく感じたのは、車の運転は武器と致命傷になる人が分かれるなーということ。特に上手そうかも?という人が上手じゃなかったときは結構辛い…

逆に運転得意なら付き合う前に車で出掛けたらいいと思う。当たり前だけど。

 

 付き合った後で、車の運転が下手だということがわかった場合、まぁ仕方がないと思うし、付き合ってから車の運転が下手だったという別れる人はそういないのではないかと思う。

だから自分の苦手分野?に触れるのは付き合ってからのがいいかなーと思う。女の子なら料理とか?片付けできないとか。

 

…とりあえず筋肉痛が痛いので、

以上です。